地方出身東大生じるふぇの日記帳

東大文一に通う大学生 予備試験に向けて勉強中 日々考えたことを気ままに投稿

2022年9月25日【勉強日記】

勉強記録

  • フランス語読解B1-03
  • フランス語単語4級1~72
  • 知られざる英語の「素顔」S8
  • DUO セクション1~3

読書記録

雑記

どうも、じるふぇです。今日は、哲学史について主に勉強しました。現代思想を中心に哲学を見渡している現状ですが、古代哲学や近代哲学についてももう少し詳しくなりたいなと思うところです。

今思えば、私が一番最初に読んだ哲学に関する本は『試験に出る哲学』でした。ちょうど高校に入学したての時だったはずです。新書を読んで感想を書く課題のために本屋に行ったら出会いました。

センター試験を題材に西洋哲学史の概要を説明する本書は、哲学史入門として非常によくまとまった良書で、哲学の勉強の最初の一歩としてまさにうってつけです。でも結局高校生の時の私は、それより先にまではあまり進まなかった。今、大学生となってやっとこの本の役割である、より進んだ哲学への橋渡しが完了されるのかもしれません。

『知られざる英語の「素顔」』は、名詞句に関するセクションを読みました。外見上は名詞句であるものが意味的にも文法的にも節として機能することがあるという部分です。英語の表現を豊かにしているのは、名詞による表現なんだなあとぼんやり感じました。

ということで、今回は以上です。